年50,000円、電気代を節約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

固定費は一度削減すると永続的に節約できるので、家計の改善にとても効果的です。

我が家では電気代の節約に励んでいます。節約開始からおよそ1年ほど経ち、成果が出ているのでまとめてみました。

節約前後の電気代

一戸建て4人家族、電気代の節約を開始したのは2018年2月からです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
2017年 35,138 31,209 32,215 33,479 23,944 19,669
2018年 32,660 24,303 24,970 22,999 17,510 15,393
差額 2,478 6,906 7,245 10,480 6,434 4,276
7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
2017年 21,944 25,399 21,579 22,062 22,745 29,350 318,733
2018年 20,248 25,688 22,155 19,802 17,047 22,034 264,809
差額 1,696 -289 -576 2,260 5,698 7,316 53,924

2018年は猛暑だったため夏場の冷房代がかさんでしまいましたが、それを鑑みるとうまく節約できていることが分かります。年間では53,924円もの節約になりました。

具体的にしたこと

パソコンの電源を切る

2018年2月より、習慣的に電源を入れっぱなしだった二台のパソコンを寝る前に必ず切るようにしました。これは特に効果があったと思います。というのも、切るようにした最初の月の電気代が前年比で7,000円ちかく節約できたので。実際は他の要因もあったのでしょうが、これがきっかけで電気代の節約をはじめることになったのでした。

プラン変更

2018年9月より、東北電力のプランを「従量電灯B」から「よりそう+ファミリーバリュー」に変更しました。これによって(我が家の場合)年間1万円ほどの節約が期待できると東北電力の方が仰っていました。プランの変更に必要な手続きは電力会社によって異なると思いますが、東北電力の場合は電話だけで済みました。

「よりそう+ファミリーバリュー」にすることで、使用電力をネットで確認できるようになり、ポイントが貯まるようになったのも嬉しい点でした。

LEDの導入

照明の使用頻度高い部屋のシーリングライト、電球をLEDに変更しました。他の部屋も電球が切れるタイミングで順次変更していくつもりです。

LEDにしたことで消費電力は確実に減っているはずですが、もともと照明の占める割合が少なかったのか、電気代としては実感できるほどの効果はありませんでした。ただ、LEDは寿命も長いので、その点でも節約できるはずです。

サーキュレーターの導入

電気代の中で大きな割合を占めるのがエアコンです。

サーキュレーターを導入すると、エアコンの設定温度を下げることができ、節電になります。具体的にはこれまで25度設定だった暖房を20度にしました。サーキューレーターの使用で電気を使っては意味がないので、サーキュレーターは電気代が1時間使用で1円くらいのものを選んで購入しました。

また、エアコンのフィルターを掃除すると電気代の削減が期待できます。季節の変わり目ごとに掃除すると良いでしょう。

まとめ

調べてみると四人家族の電気代の平均は11000円くらい(マンション含む)なので、まだまだ高いです。冷蔵庫が三つあり、家族を説得してなんとか減らせないかと思っています。

節電をはじめると、これまで意識することなく使っていた電気を気にするようになり、新しい家電を買う際にも消費電力に目がいくようになります。家電は一度買うとなかなか買い替え困難なので、はやくから意識しておくとそれだけお得です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*