楽天カード決済併用でつみたてNISAの割合変更

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

つみたてNISAを始める前に知っておきたかったこと」にも書いた通り、つみたてNISAでは「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」をメインに購入していました。それは「アセットアロケーションをつみたてNISA内で完結したい」という理由からです。しかし、せっかくの非課税枠でボラティリティの少ない債券を買うのはもったいないとも思っていました。

そこで、楽天証券の楽天カードを使ったカード決済を併用して、つみたてNISAから債券の割合を減らしました。このやり方では楽天証券での買い付けは特定口座になります。そのため、税金がかかってしまいますが、購入額の1%のポイントが確実にもらえるので大変お得です。

私の場合、SBI証券から楽天証券へのつみたてNISAの移管が面倒でこのやり方にしました。これからつみたてNISAをはじめるのなら、楽天証券の楽天カードを使ったカード決済で決まりかなと思います。購入額の1%のポイントが確実にもらえるのは、それくらいのアドバンテージでしょう。

変更前後の比率は下記のようになりました

SBI証券(つみたてNISA)

銘柄変更前変更後
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)59%35%
eMAXIS Slim 新興国株式10%15%
ニッセイ外国株式29%49%

楽天証券(特定口座・カード決済)

これに加え、楽天証券の特定口座にカード決済で「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」を毎月20,000円購入するようにしました。全体としての投資額は年で20,000 * 12 の 240,000円増加。これでポートフォリオの比率を維持しつつ、つみたてNISAから債券を含む「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の割合を59%から35%へと減らせました。

楽天証券のカード決済は50,000円/月まで購入できます。こちらの額を増やせばつみたてNISAに含まれる債権の割合をもっと減らせるのですが、私には経済的に無理でした><

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」を購入するのではなく、楽天証券で債券とREITを購入し、つみたてNISAでは株式のみの購入も考えました。しかし、債券とREITの適当な銘柄が見つけられず断念しました。eMAXIS SlimシリーズにREITを取り扱った銘柄もあると良いのですが。

現時点の損益

以下は2019/02/22時点の評価損益です。

SBI証券(つみたてNISA)

銘柄損益
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)+4,863
eMAXIS Slim 新興国株式-567
ニッセイ外国株式+2,816

楽天証券(特定口座)

銘柄損益
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)+243

コメント

タイトルとURLをコピーしました