PC周辺機器

無線LAN中継機 TP LINK RE200

我が家のルーターは二階に設置してあり、一階のリビングやお風呂に電波が届かない状態でした。せっかくタブレットを買ってお風呂で動画を見ようと思ったのに、これでは台無しです。

そこで無線の範囲を拡大するRE200を購入し、これまで電波が届かなかった場所で無線LANが使えるようになるか試してみました。

RE200 基本スペック

消費電力 6.5W

寸法 110.0 x 65.8 x 75.2mm(幅 x 奥行きx 高さ) *他のコンセントを塞ぐことはありませんでした

対応規格

帯域 速度 規格
5GHz 433Mbps 11ac 11n 11a
2.4GHz 300Mbps 11n 11g 11b

詳細はこちらからどうぞ。

設定可能項目

設定画面から操作できる項目です。私の知識が及ばないところや、不要であろうところは説明文を省きました。

モード

アクセスポイントかリピーターのどちらかのモードを選択できます。アクセスポイントは 既存の有線ネットワークをワイヤレスネットワークに変換します。リピーターは既存のワイヤレス有効範囲を拡張します。私は無線LANの範囲拡大が目的なので、リピーターを選択しました。

ワイヤレス

ネットワークに接続
ルーターとRE200との接続設定ができます。5GHzと2.4GHzそれぞれ可能です。

拡張ネットワーク
こちらはRE200のSSIDの設定です。拡張エリアでは、ここで設定したSSIDをクライアントで選択して接続することになります。

ネットワーク

ネットワーク設定

DHCP設定

DHCPクライアントリスト

イーサネットポート

詳細設定

電源スケジュール
時間や曜日を指定して電源を自動的にオフにすることができます

Wi-Fi範囲
Wi-Fiの有効範囲を最大、標準、最小から選択できます

アクセスコントロール
ブラックリストとホワイトリスト形式で接続できる端末を制御できます

システムツール

時刻設定
タイムゾーンや夏時間を設定できます

LED コントロール

LEDの点灯をオフにする時間を設定できます

ファームウェア アップグレード
ファームウェアに関する操作を行います

バックアップおよび復元
設定状態をファイルに保存、ファイルから復元、また工場出荷状態の状態に戻すことができます

管理者アカウント

システムログ

範囲

設置後、期待通りに電波状態が改善されました。これでお風呂でも通信料を気にすることなく動画を楽しめます。以下の画像はAndroidのWifi Analyzerというソフトを使用して電波状況を計測したものです。

リビング お風呂
設置前 リビング設置前 お風呂設置前
設置後 リビング設置後 お風呂設置後

電気代

スペック通りの消費電力で年間で1500円程度ではありますが、同価格帯の他の製品と比較して消費ワット数が大きいのが多少気になりました。ただ、LEDライトをオフにしたり、特定の時間帯に動作しない設定をすることが可能なので、消費電力はある程度抑えられるかもしれません。

不具合

LANケーブルソケット

LANケーブルのソケットが深い位置にあるため、ツメが短いケーブルが手で取り外せない事がありました。LANケーブルにはツメが長いケーブルと短いケーブルがあるようで、短いケーブルしかもっていないと、有線接続の際に取り外すのにドライバーなどが必要になるかもしれません。

NTPサーバーへの過剰アクセス

TP LINKの無線LAN中継器に、NTPサーバーへ過剰アクセスしてしまうという不具合がありました。詳しくは以下の記事をご覧ください。

<18.03.08更新>TP-Link製無線LAN中継器によるNTPサーバーへのアクセスに関して

この不具合で使用者が困る事は少ないと思いますが相手が困ります。これを解消するためには下記の手順に従ってファームウェアをアップグレードする必要があります。

ファームウェアのアップグレード手順

ファームウェアのアップグレードはパソコンとRE200をLANケーブルで直接つないで行います。

  1. http://tplinkrepeater.net を開く
  2. システムツールのファームウェアアップグレードを選択
  3. オンラインアップグレードから最新のファームウェアが存在するか確認し、アップグレードを開始

これで1~2分ほど待てば終了します。簡単ですね。

ギャラリー

TP LINK RE200パッケージ

TP LINK RE200パッケージ

TP LINK RE200正面

TP LINK RE200正面

TP LINK RE200背面

TP LINK RE200背面

TP LINK RE200内容物

TP LINK RE200内容物

ショップ

TP LINK RE200は以下のショップで購入する事ができます。

ヨドバシ

楽天市場

マイクロソフト Classic InteliMouse HDQ-00008

マイクロソフトのパソコン用マウス「Wheel Mouse Optical (D66-00060)」を8年ほど使用していたのですが、さすがにへたってきたためマイクロソフトの新製品「HDQ-00008」を今回購入しました。

前の製品が長期間使えたこともあり、同じマイクロソフトのこの製品を選びました。公式サイトによるとこの「HDQ-00008」は”Intellimouse 3.0 にインスパイアされた”製品とのことですが、この記事では基本的に「Wheel Mouse Optical」との比較になります。

マイクロソフト製品公式サイト

ヨドバシで購入したところ発売日に到着するよう配送して頂けました。送料無料で4,640円、ポイントが464付くので実質4,176円(税込)です。Amazonでは4,644円ですから、ヨドバシの方が法人税も払えてお得ですね。

ヨドバシ

スペック

有線ケーブルの5ボタンマウスです。解像度は3200dpi。

私の環境ではテーブルとPCの間に距離があります。ケーブルの長さが公式サイトにもどこにも書いてないので、もし短くてPCと接続できなかったらと心配でしたが、十分な長さがありました。計ってみたところ約185cmありました。

お尻の部分は白く光ります。画像は青いマウスパッドの上に置いているので青く見えますが。

使用感

箱から取り出して最初に思ったのはとても軽いということです。私の使い方ではマウスを持ち上げる事はないので、軽くても重くても滑りさえ良ければ問題ないのですが、ちょっと安っぽく感じてしまいました。逆にマウスを持ち上げる使い方をする人には軽い方が良いでしょう。

ホイールは固めです。1スクロール分でキチっと抵抗があります。前に使っていたマウスはヘタったためかズルズルっと余分にスクロールされてしまうことがあったので買ったかいがあったというものです。

これまで左・右・真ん中の3ボタンマウスしか使った事がなかったため、ふたつのサイドボタンは邪魔にならないのかと思っていましたが、サイドボタンの下に空間があり普段はそこに指を置く事になるので、位置的に間違って押すということはなさそうです。

サイドボタンにはデフォルトでは「戻る」と「進む」が割り当てられていました。「Microsoftマウスキーボードセンター」をダウンロードしてインストールすることで様々な機能を割り当てる事ができます。

このソフトウェア、サイドボタンの設定だけではなくDPIや、他のボタンの割り当てを設定することもできます。割り当てられる機能はウィンドウの切り替えや、切り取り、貼り付け、スタートメニューの表示、はてはマクロなど、多種多様です。

私は前の/次のウィンドウに割り当てました。これでタスクバーまでマウスを移動させる必要がなくなったので、PCの使い方が変わりそうです。

おわりに

マイクロソフトの製品というとWindowsを思い浮かべますが、特に寡占状態のときはユーザーにデバッグさせているなど評判が良くありませんでした。ですが、そのころからハードウェアに関しては評価が高く、安心して選ぶことが出来ます。このマウスも長く使えそうです。

ギャラリー

箱を開けた状態

同梱物