TP LINK RE200 のファームウェアアップグレード方法

この記事は約3分で読めます。

TP LINKの無線LAN中継器にはNTPサーバーへ過剰アクセスする不具合があります。
この問題を解消するファームウェアが公開されていますので必ずアップグレードしましょう。

<18.03.08更新>TP-Link製無線LAN中継器によるNTPサーバーへのアクセスに関して | TP-Link Japan
<18.03.08更新>TP-Link製無線LAN中継器によるNTPサーバーへのアクセスに関して

この記事ではTP LINK RE200 のファームウェアをアップグレードする方法を解説します。

ファームウェアアップグレードの手順

ファームウェアアップグレードの手順は以下の通りです。

  1. TP LINK RE200の設定画面を開く
  2. システムツールの「ファームウェアアップグレード」を選択
  3. 最新のファームウェアが存在するか確認
  4. アップグレードを開始

それぞれの手順を詳しく説明していきます。

TP LINK RE200の設定画面を開く

ファームウェアのアップグレードをするには端末(パソコンやスマートフォン)をTP LINK RE200のネットワークに繋ぎ、http://tplinkrepeater.netをブラウザで開きます。

Trying to Configure the Range Extender?と表示される場合はTP LINK RE200のネットワークに接続されていません。TP LINK RE200のネットワークに繋ぐ確実な方法は、TP LINK RE200とパソコンをLANケーブルで接続することです。

ファームウェアのアップグレードをする際は、無用なトラブルを避けるためにTP LINK RE200とパソコンを有線接続して設定画面を開くのをお勧めします。
TP LINK RE200を設定するにはスマホ用のアプリケーション「Tether」を使用する方法もありますが、Tetherからはファームウェアのアップグレードはできません。

システムツールの「ファームウェアアップグレード」を選択

設定画面の画像の場所からファームウェアのアップグレードが可能です。

re200 ファームウェアのアップグレード

re200 ファームウェアのアップグレード

最新のファームウェアが存在するか確認

以前は更新画面から最新のアップデートが存在するか確認できたと思うのですが、今確認したところ出来ないようです。ですから、下記のURLから自分で確認する必要があります。更新画面の下部に書いてある現在のファームウェアバージョンと最新のファームウェアのバージョンを比較して下さい。

をダウンロード RE200 | TP-Link Japan
TP Link - Download Center Detail

新しいバージョンが確認できたらダウンロードしましょう。

ダウンロードする際にハードウェアのバージョンを間違えないように注意してください。ハードウェアのバージョンはプルダウンから選択できます。お使いのTP LINK RE200のハードウェアのバージョンは設定画面の下部に表示されています。

アップグレードを開始

次にダウンロードしたZIPファイルを解凍し、解凍されたファイル「***.bin」を「新しいファームウェアファイル」で指定します。あとはアップグレードボタンを押して1,2分待つとファームウェアのアップグレードは完了です。

製品が壊れてしまう可能性があるので、ファームウェアアップグレード中は停電などに注意しましょう。

以上です。お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました