ドリテックの超音波洗浄機「ソニクリア」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ソニクリア

この価格帯の超音波洗浄機ではまずCITIZENの「SW5800」が購入の候補に挙がると思います。ヨドバシでは、この記事を書いた12月19日現在、「SW5800」が3,900円、「ソニクリア」が3,930円とほとんど同じ価格です。

我が家にはドリテックの製品がケトルや温度計、スケールなどいくつかあり、シンプルで簡単に壊れたりせず長く使えるので気に入っています。なので今回もドリテックの「ソニクリア」を選びました。好みだと思いますがデザインもソニクリアの方が良いと思います。

この超音波洗浄機「ソニクリア」も他のドリテック製品と同様に非常にシンプルで、使い方は洗浄したいものをタンクにセットして、水を入れて、ボタンを押すだけです。

感想

購入前は「水の交換」と「動作時間が五分固定」という点が心配でした。

水の交換

「水の交換」については、本体とタンクが一体になっているので、洗い終えた水を捨てるときに水が本体にかからないようやはり気を使います。タンクを洗浄しようとするともっと大変です。これは「SW5800」を選んでも同じことですし、同じ価格帯に本体とタンクが別になった製品はないようなので仕方ないかなと思います。

動作時間

「動作時間が五分固定」というのは長時間洗浄したいという用途では不便かもしれませんが、それ以外では時間を設定できたとしても洗浄に適切な時間なんて分からないので、特に困る事はありませんでした。むしろ五分に固定されることで洗浄を終えるタイミングが出来て良いかなとすら思います。そういう区切りがないといつまでも洗浄してしまいそうですから。

メガネの洗浄

超音波洗浄の主な用途であるメガネの洗浄。箱にも洗ってください!と言わんばかりに思いっきりメガネの写真が印刷されています。洗ってみると確かに綺麗になります。でも、レンズは超音波洗浄ではなく、水で濡れたレンズを布で拭く事によって綺麗になっている気がしないでもありません。フレームは超音波洗浄機のお陰で綺麗になっていると思います。というのも、父親のメガネを洗浄したところ何やら煙のようなモヤモヤとした汚らしいものが浮き出てきたので・・・皮脂なんでしょうか。超音波洗浄機を超音波洗浄したくなりました。

洗浄してみたもの

  • メガネ
  • ピンセット
  • くし
  • 歯ブラシ
  • ハサミ
  • シェーバー
  • 電動シェーバーの刃
  • 排水溝の栓
  • VAPEのアトマイザー・ドリップチップ

特に金属の物が綺麗になるようでした。

さいごに

物によっては手で洗うのとは比べ物にならないくらい綺麗になります。ですが、メガネのパッド(鼻に当たる部分)に付いたヤニ汚れなど落ちない汚れは落ちません。超音波洗浄機という名前から何でもピカピカみたいな物凄い洗浄力を期待してしまいがちですが過度な期待は禁物です。

それでも、定期的な洗浄を必要とする物があるなど用途がはっきりしていれば、値段を考えても購入して損はないと思います。長時間使用など特別な用途がない限り「SW5800」ではなく、デザインでこちらの「ソニクリア」を選んでも問題ないでしょう。

ギャラリー

ソニクリア箱

ソニクリア内容物

内容物

ソニクリア上部

上部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*