家電

無線LAN中継機 TP LINK RE200

我が家のルーターは二階に設置してあり、一階のリビングやお風呂に電波が届かない状態でした。せっかくタブレットを買ってお風呂で動画を見ようと思ったのに、これでは台無しです。

そこで無線の範囲を拡大するRE200を購入し、これまで電波が届かなかった場所で無線LANが使えるようになるか試してみました。

RE200 基本スペック

消費電力 6.5W

寸法 110.0 x 65.8 x 75.2mm(幅 x 奥行きx 高さ) *他のコンセントを塞ぐことはありませんでした

対応規格

帯域 速度 規格
5GHz 433Mbps 11ac 11n 11a
2.4GHz 300Mbps 11n 11g 11b

詳細はこちらからどうぞ。

設定可能項目

設定画面から操作できる項目です。私の知識が及ばないところや、不要であろうところは説明文を省きました。

モード

アクセスポイントかリピーターのどちらかのモードを選択できます。アクセスポイントは 既存の有線ネットワークをワイヤレスネットワークに変換します。リピーターは既存のワイヤレス有効範囲を拡張します。私は無線LANの範囲拡大が目的なので、リピーターを選択しました。

ワイヤレス

ネットワークに接続
ルーターとRE200との接続設定ができます。5GHzと2.4GHzそれぞれ可能です。

拡張ネットワーク
こちらはRE200のSSIDの設定です。拡張エリアでは、ここで設定したSSIDをクライアントで選択して接続することになります。

ネットワーク

ネットワーク設定

DHCP設定

DHCPクライアントリスト

イーサネットポート

詳細設定

電源スケジュール
時間や曜日を指定して電源を自動的にオフにすることができます

Wi-Fi範囲
Wi-Fiの有効範囲を最大、標準、最小から選択できます

アクセスコントロール
ブラックリストとホワイトリスト形式で接続できる端末を制御できます

システムツール

時刻設定
タイムゾーンや夏時間を設定できます

LED コントロール

LEDの点灯をオフにする時間を設定できます

ファームウェア アップグレード
ファームウェアに関する操作を行います

バックアップおよび復元
設定状態をファイルに保存、ファイルから復元、また工場出荷状態の状態に戻すことができます

管理者アカウント

システムログ

範囲

設置後、期待通りに電波状態が改善されました。これでお風呂でも通信料を気にすることなく動画を楽しめます。以下の画像はAndroidのWifi Analyzerというソフトを使用して電波状況を計測したものです。

リビング お風呂
設置前 リビング設置前 お風呂設置前
設置後 リビング設置後 お風呂設置後

電気代

スペック通りの消費電力で年間で1500円程度ではありますが、同価格帯の他の製品と比較して消費ワット数が大きいのが多少気になりました。ただ、LEDライトをオフにしたり、特定の時間帯に動作しない設定をすることが可能なので、消費電力はある程度抑えられるかもしれません。

不具合

LANケーブルソケット

LANケーブルのソケットが深い位置にあるため、ツメが短いケーブルが手で取り外せない事がありました。LANケーブルにはツメが長いケーブルと短いケーブルがあるようで、短いケーブルしかもっていないと、有線接続の際に取り外すのにドライバーなどが必要になるかもしれません。

NTPサーバーへの過剰アクセス

TP LINKの無線LAN中継器に、NTPサーバーへ過剰アクセスしてしまうという不具合がありました。詳しくは以下の記事をご覧ください。

<18.03.08更新>TP-Link製無線LAN中継器によるNTPサーバーへのアクセスに関して

この不具合で使用者が困る事は少ないと思いますが相手が困ります。これを解消するためには下記の手順に従ってファームウェアをアップグレードする必要があります。

ファームウェアのアップグレード手順

ファームウェアのアップグレードはパソコンとRE200をLANケーブルで直接つないで行います。

  1. http://tplinkrepeater.net を開く
  2. システムツールのファームウェアアップグレードを選択
  3. オンラインアップグレードから最新のファームウェアが存在するか確認し、アップグレードを開始

これで1~2分ほど待てば終了します。簡単ですね。

ギャラリー

TP LINK RE200パッケージ

TP LINK RE200パッケージ

TP LINK RE200正面

TP LINK RE200正面

TP LINK RE200背面

TP LINK RE200背面

TP LINK RE200内容物

TP LINK RE200内容物

ショップ

TP LINK RE200は以下のショップで購入する事ができます。

ヨドバシ

楽天市場

ドリテックの超音波洗浄機「ソニクリア」

ソニクリア

この価格帯の超音波洗浄機ではまずCITIZENの「SW5800」が購入の候補に挙がると思います。ヨドバシでは、この記事を書いた12月19日現在、「SW5800」が3,900円、「ソニクリア」が3,930円とほとんど同じ価格です。

我が家にはドリテックの製品がケトルや温度計、スケールなどいくつかあり、シンプルで簡単に壊れたりせず長く使えるので気に入っています。なので今回もドリテックの「ソニクリア」を選びました。好みだと思いますがデザインもソニクリアの方が良いと思います。

この超音波洗浄機「ソニクリア」も他のドリテック製品と同様に非常にシンプルで、使い方は洗浄したいものをタンクにセットして、水を入れて、ボタンを押すだけです。

感想

購入前は「水の交換」と「動作時間が五分固定」という点が心配でした。

水の交換

「水の交換」については、本体とタンクが一体になっているので、洗い終えた水を捨てるときに水が本体にかからないようやはり気を使います。タンクを洗浄しようとするともっと大変です。これは「SW5800」を選んでも同じことですし、同じ価格帯に本体とタンクが別になった製品はないようなので仕方ないかなと思います。

動作時間

「動作時間が五分固定」というのは長時間洗浄したいという用途では不便かもしれませんが、それ以外では時間を設定できたとしても洗浄に適切な時間なんて分からないので、特に困る事はありませんでした。むしろ五分に固定されることで洗浄を終えるタイミングが出来て良いかなとすら思います。そういう区切りがないといつまでも洗浄してしまいそうですから。

メガネの洗浄

超音波洗浄の主な用途であるメガネの洗浄。箱にも洗ってください!と言わんばかりに思いっきりメガネの写真が印刷されています。洗ってみると確かに綺麗になります。でも、レンズは超音波洗浄ではなく、水で濡れたレンズを布で拭く事によって綺麗になっている気がしないでもありません。フレームは超音波洗浄機のお陰で綺麗になっていると思います。というのも、父親のメガネを洗浄したところ何やら煙のようなモヤモヤとした汚らしいものが浮き出てきたので・・・皮脂なんでしょうか。超音波洗浄機を超音波洗浄したくなりました。

洗浄してみたもの

  • メガネ
  • ピンセット
  • くし
  • 歯ブラシ
  • ハサミ
  • シェーバー
  • 電動シェーバーの刃
  • 排水溝の栓
  • VAPEのアトマイザー・ドリップチップ

特に金属の物が綺麗になるようでした。

さいごに

物によっては手で洗うのとは比べ物にならないくらい綺麗になります。ですが、メガネのパッド(鼻に当たる部分)に付いたヤニ汚れなど落ちない汚れは落ちません。超音波洗浄機という名前から何でもピカピカみたいな物凄い洗浄力を期待してしまいがちですが過度な期待は禁物です。

それでも、定期的な洗浄を必要とする物があるなど用途がはっきりしていれば、値段を考えても購入して損はないと思います。長時間使用など特別な用途がない限り「SW5800」ではなく、デザインでこちらの「ソニクリア」を選んでも問題ないでしょう。

ギャラリー

ソニクリア箱

ソニクリア内容物

内容物

ソニクリア上部

上部

レビュー: シャープ レコーダー BD-NW1100

シャープ ブルーレイレコーダー BD-NW1100を購入しました。5年ぶりとなるレコーダーの買い替えです。この記事はこの機種をしばらく使ってみてのレビューです。購入を考えている人の参考になればと思います。

基本スペック

HD容量 1TB 無線LAN接続 可能
同時録画可能番組数 2番組 リモート録画予約 可能
録画・再生可能ディスク ブルーレイディスク / DVD / 音楽CD / ビデオCD

詳細は公式サイトのスペック表をご覧ください。

購入までの経緯

はじめはネット上で評判の良いパナソニックのレコーダーにしようと思っていたのですが、調べているとパナソニック製のレコーダーは番組表に広告があり消せないとの情報を目にし、それならこれまで使っていたのと同じシャープ製なら操作性がそう変わらないだろうとBD-NW1100を購入する事にしました。

税込41,240円でヨドバシ.comにて購入しました。ヨドバシ.comでは販売価格の10%がポイントで還元されるので、実質価格は41,240 – 4,124 = 37,116円になります。下位モデルのBD-NW510が税込39,590円の3,959ポイント、実質価格35,631円と大して差がありません。この価格帯のシャープ製のレコーダーを検討している方にはBD-NW1100をお勧めします。

ヨドバシ.com シャープ BD-NW1100 ※価格は随時変動します

機能

最近のレコーダーは多機能でBD-NW1100も目玉機能の「ドラ丸」をはじめ様々な機能がありますが、ここでは「番組表」「倍速再生」「リモート視聴」について書きます。

番組表

パナソニック製レコーダーの番組表の広告が嫌な事もあってシャープ製のレコーダーにしたのですが、なんとシャープ製のレコーダーの番組表にも広告が表示されてしまいました。見る頻度の高い番組表の表示スペースが広告によって圧迫されてしまいます。これがこのレコーダーを購入して一番残念な点でした。
番組表

リモート予約

リモート予約はリモコンを使わず、外出先からでもスマホやタブレットを使って番組予約を行う機能です。スマホやタブレットに専用アプリをインストールする事でリモート予約が可能になるのですが、このアプリは視認性がいまいちで使いにくい。特にAndroidのタブレットで使用すると、空白が多くて未完成なのではと思えるほどです。

iPhone7

iPhone7

Android(タブレット)

倍速再生

倍速表示は4段階の切り替えが可能です。1段階目のみ音声が再生されます。このとき再生される音声はピッチが上がることはなく、早口な感じになります。それ以外の段階では音が何も再生されません。

リモート視聴

この機種は録画した番組や視聴中の番組を外出先で視聴できるようにするものです。ただし、有料のアプリが必要になります。iOSではDiXiM Digital TV(960円)。AndroidではAQUOS リモートプレーヤー(1500円)が必要になります。リンク先を見て頂けると分かるのですが、このアプリは評判が芳しくなく、リモート視聴の必要性も感じないため私は使用していません。

まとめ

なんだか不満点ばかり書き連ねてしまいましたが、5年前の機種と比較すると、起動までの時間や全体的な動作は体感できるくらいに高速化していますし、録画した番組を再生中に表示されるシークバーは、CMと思われる部分の色が変わったりと細かな部分も使いやすくなっています。本体サイズも随分とコンパクトになっています。3万円後半という実質価格を考慮すると良い買い物が出来たのではないかと思います。

ギャラリー

ヨドバシから届いた

箱を開封した

本体正面

本体正面

本体背面

本体背面