コーヒー

澤井珈琲vs加藤珈琲

一杯五円でおいしいコーヒーで紹介した加藤珈琲ですが、届いたばかりの豆を挽いてドリップしても粉がさっぱり膨らまなかったので、加藤珈琲と同じく激安で有名な澤井珈琲のコーヒー豆を購入してみました。

澤井珈琲

今回購入したのは「コーヒー専門店の200杯分入り超大入コーヒー福袋(ビクトリーブレンド/ブレンドフォルテシモ/コーヒー豆/珈琲豆)」というもので2,525円でした。500g x 4パックの2kgです。

購入したコーヒーですが、蒸らしのお湯を注ぐとモコモコ膨らみ、ガスがポコポコ湧いてきます。蒸らし後もお湯に反応して泡がブクブクで、コーヒーを淹れていて楽しい。サイトに書いてある「ご注文をいただいてから焙煎」というのは本当のようです。

今回飲んだのはハイローストのブレンドフォルテシモ。これまで飲んでいた加藤珈琲の豆は深煎りのものが多かったため、それと比較するとさっぱりしていて飲みやすい。

神対応

澤井珈琲では購入時に注文の際にキーワードを入力するとドリップバッグがおまけで貰えるというキャンペーンを開催していたのですが、入力を忘れてしまいました。そこで、購入後に澤井珈琲にその事を伝えると、こちらで入力しておくと対応して頂き、ドリップバッグを受け取ることが出来ました。ありがとうございます。

加藤珈琲

加藤珈琲の豆がいつも膨らまないわけではなく、最初に買った頃は確かに膨らんでいました。どうも当たり外れがあるようです。また、Qグレードの豆は欠点豆が少ないように感じます。

お得なセット商品が、澤井珈琲はブレンドコーヒーしかないのに対して、加藤珈琲では産地の組み合わせで、組み合わせは時期によって変わります。ですから、産地での違いを比較する楽しみ方ができます。

マキネッタ

今回はドリップでコーヒーを淹れましたが、マキネッタで抽出してお湯で割って飲むと、あまり違いは分からないと思います。澤井珈琲よりも加藤珈琲の方が若干ですが安めですので、マキネッタでしか飲まないという方は、加藤珈琲で良いんじゃないかなと思います。ドリップやフレンチプレスで淹れる場合は鮮度の良い澤井珈琲がオススメです。

一杯五円でおいしいコーヒー

マキネッタでコーヒー

この記事で言う「おいしいコーヒー」とはインスタントコーヒーより美味しいくらいだと思ってください。上を見れば切りのない世界ですので、どこかで妥協しなければ一杯五円ではとても済みません。ちなみにインスタントコーヒーは一杯10円~15円と言われています。

これから紹介する方法は、マキネッタでモカを抽出し、お湯で割って飲むという方法です。このモカのアメリカーノがインスタントコーヒーよりも経済的でおいしいのです。

初期投資

最初に器具の購入にいくらか費用がかかってしまいます。ですが、インスタントコーヒーよりも費用を抑えられるので、長期的に見れば決して高くはないでしょう。

マキネッタ (モカ・エキスプレス)

マキネッタは挽いたコーヒー豆からモカを抽出するためのものです。3000円くらいで購入できます。ここではイタリアのビアレッティという会社のマキネッタを念頭に話を続けます。

マキネッタ

サイズ

マキネッタは1カップ用から18カップ用まで用意されています。6カップ用で3カップ分を抽出ということはできないので、何カップのものを選ぶかというのは重要です。気を付けて欲しいのは、1カップといっても普通のコーヒーカップ一杯分ではないことです。

私は4カップ用のものを利用しています。これで抽出できるのは150ccから160ccくらいで、マグカップ1杯くらいです。経済性の面からこうして抽出したモカをお湯で五倍にして飲むので、4カップ用なら750ccのコーヒーが出来る事になります。

注意点

小さいマキネッタだと、ガスコンロに乗らない可能性があります。その時は五徳を購入するか、100均などから網を買ってくる必要があります。ビアレッティのマキネッタなら、公式サイトにサイズが載っているのですが、どうも間違っているようなので参考にしない方が良いでしょう。それに値段も高いので公式サイトから購入することもおすすめしません。正確なサイズはこちらで確認できます。

また、マキネッタをIHで使用するには器具を選んだり特別な工夫が必要なようです。

コーヒーミル

ミルを使う事でコーヒー豆を挽く(粉にする)ことができます。コーヒーは豆の状態ならある程度の期間保存が出来るのですが、挽いた直後から急激に劣化=まずくなっていきます。ですから、ミルはおいしいコーヒーを飲むためには絶対に必要です。

コーヒーミルは、個人用ではフジローヤルの「みるっこ」に行きつくらしいのですが、これは4万円以上します。「インスタントよりおいしいもの」を楽しむためには、電動でさえあれば安いもので構わないでしょう。マキネッタ用には豆を細かく挽く必要があるので、手動のものでは大変ですから電動をおすすめします。

私は押入れから出てきた30年前くらいの電動ミルを使っています。この骨董品のようなミルで挽いた豆でもマキネッタでの使用に問題はありません。

定期的に購入する必要があるもの

それはコーヒー豆です。鮮度を保つため、粉ではなく豆を購入します。加藤珈琲のセールを利用すると、送料込みで1gあたり1円に近い価格で購入することができます。

楽天の加藤珈琲店はごちゃごちゃしていて分かりにくいのですが、だいたい画像の青色の線で囲ったところをクリックするとその時のセール情報を見る事ができます。

加藤楽天セール

加藤珈琲で評判が良いのは「グァテマラ・ラスデリシャス」「しゃちブレンド」「ラオス」や「Qグレードコーヒー」あたりなので、セールで売り出されていたら狙ってみましょう。

費用と味

4カップ用のマキネッタでは1回の抽出にコーヒー粉が25gほど必要になります。上記の加藤珈琲で購入すれば1g1円ほどですので約25円です。これをお湯で割って5倍にすれば一杯約5円。インスタントコーヒーの1/3から1/2です。

インスタントコーヒーとは違って、(豆にもよりますが)深みや甘みを感じることができます。お湯で割って飲むというと薄いコーヒーを想像してしまうかもしれませんが、マキネッタで抽出されたモカは非常に濃いためそのような事はありません。モカは濃い状態のまま飲んでも良いのですが、もともとミルクで割ったり(カフェラテ)お湯で割ったり(アメリカーノ)もします。

抽出したモカをすぐに飲みきれなかったときでも、後からお湯を足して温かいコーヒーを飲むことができます。我が家では朝にマキネッタで抽出したモカを、飲みたい人が飲みたいときにお湯で割って飲んでいます。飲むのが夜になる事もありますが、それでもインスタントコーヒーよりおいしいですよ。

インスタントコーヒーと比較すると多少の手間はかかってしまいますが、それも最初だけですし、より安くおいしいコーヒーを楽しむことができます。

コーヒー

おすすめのショップ

コーヒー豆は加藤珈琲、マキネッタなどの器具はブランディングコーヒーでの購入がおすすめです。私がブランディングコーヒーからマキネッタを購入したときは、おまけで交換用パッキンを付けてもらえました。せっかくの機会ですから、ドリッパーとドリップポットも購入して、マキネッタとの違いを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。ただ、残念なことにブランディングコーヒーではミルは高いのでヨドバシあたりで購入した方が良いかもしれません。