振込名義には要注意。組戻手数料で損した。

この記事は約2分で読めます。

IPOの抽選に申し込むために証券会社間の口座で資金を移動させることがあります。我が家では家族の口座でもIPOの申し込みを行っており、今回、名義の異なる振り込みを行って失敗してしまいました。

名義の異なる口座からの振り込みは受け付けられない

住信SBI銀行の家族名義の口座からみずほ証券の私名義の口座へ振り込みました。振り込んだ金額は30万円ほどです。振り込み後、みずほ証券の口座になかなか反映されないなと思っていると、翌日にみずほ証券の担当者から突然の電話がありました。

「名義の異なる口座からの振り込みは受け付けられない。住信SBI銀行に連絡し、組戻手続きを行ってください」とのこと。

組戻手続とは

振込手続き完了後に、ご依頼内容に誤りがある、または振込を取消したい等、お客さま(依頼人)のご都合でその振込を取消す依頼をする手続きのこと

組戻しとはなんですか?より引用

額が大きかったため、あり得ないとは思いながらも何かのトラブルでお金が返ってこなかったらどうしようと不安になりました。

組戻手続の依頼

住信SBI銀行への組戻手続きの依頼はウェブ上では行えず、カスタマーセンターに電話をする必要があります。また、手数料として864円が必要になります。住信SBI銀行では特定の条件を満たすと振込手数料が指定回数無料になりますが、組戻手続きは対象外です。

〔振込振替〕 組戻しの方法を教えて下さい。 |住信SBIネット銀行
〔振込振替〕 組戻しの方法を教えて下さい。

家族名義の口座だったため家族にカスタマーセンターに電話をしてもらうと、必要事項を聞かれ組戻手続きを受け付けてもらえました。

「振込名義には要注意。組戻手数料で損した。」のまとめ

組戻手続が完了した翌日に住信SBI銀行の口座を確認すると30万円は返ってきており安心しました。しかし、振込依頼人名の変更を怠ったために864円を損してしまいました。

みずほ証券の振込先の書いてあるページには名義を一致させろと書いてありません。「このページのヘルプ」をクリックして初めて表示されます。

慣れている人には当たり前かもしれませんが、初めて資金移動する方はお気を付けください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました